キャッシングで一番してはいけない事

 

現代社会において、急な出費が発生した、あるいは給料日前にどうしてもお金が足りない、と言った状況に陥った際、キャッシングを利用する事でその場合をしのぐ人と言うのは少なくありません。つまり生活の上でキャッシングと言うものは大変便利なものであると言わざるおえないと言っても過言ではありません。

 

しかしそのキャッシング、安易な気持ちで利用する人も多いことが一つの問題点として存在します。そんなキャッシングに於いて、一番してはいけない事と言うのは、複数の会社から融資を申し込む事です。つまり利用するキャッシングの会社はプロミスならプロミスと、一つにして必要な時だけ利用すると言う事です。

 

確かに複数の会社からキャッシングを受けてその返済を続けてる人は多いです。しかしそれが日常化してしまうと支払いの金額、それぞれの会社に支払わなければいけない利息、そして返済の手間、と言った事が発生し決して良いことではありません。

 

そして何より恐ろしいのは、どこにいくら払ったか、毎月どのくらいの額をキャッシングの返済にあてているのかと言う事がわからなくなることです。多重債務に陥る人の特徴として、お金を限度額まで借りる、なくなったら他から借りるを繰り返すうちにいくら返済してるのかがわからなくなると言う人がほとんどと言うことを忘れてはなりません。

 

返済が遅れてしまった場合の大きなペナルティ

キャッシングをしていて一番心配なことはやはり返済遅延です。ではやむを得ず返済の遅滞をしてしまった場合、最終的にはどのようになるのか知っていますか。その記録はいつまで残るのか、そしてその影響はどのようなものがあるのか、それをお教えします。まず、キャッシングをした場合の話です。

 

返済が遅れた、遅れないに関わらず、キャッシングをするとその情報が半年間は金融機関各社で照会できるようになっています。ですから返済が終わるまでの間は他社で借り入れをしようとしても、他の金融機関からいくら借りているのかが分かるようになっています。これは公的機関が保管している情報ですので、必要以外のことで外部に漏れたりすることはありませんのでご安心下さい。

 

そしてキャッシングの返済が終わり、借りているお金がゼロになっても半年程度はこの情報は保存されます。では遅延した場合はどうなるのかと言いますと、当然返済までは照会すれば出てきます。

 

遅延が解消すると1年でこの情報はなくなります。普通は半年ですので情報が消されるまで、遅延をしていない人の倍の期間がかかるのです。このように遅延をするとその後1年新しい契約をしにくくなりますので、近い将来的なことを考えても返済はしっかりすることです。

 

キャッシングを利用できるいくつかの条件

お金が必要になったときにキャッシングはとても便利で使い勝手の良いサービスです。契約した後に送られてくるカードを持っていれば、提携先のATMなどから、好きなときに限度額までのお金を引き出すことができます。

 

24時間営業のコンビニと提携していれば、早朝でも深夜でも借りられます。ですから、たとえば終電に間に合わなくて、タクシーで帰ろうとしたり、ホテルに泊まろうと考えても、手元にお金がなければ途方にくれてしまいますが、コンビニでキャッシングを利用すれば、必要なお金を手に入れることができるわけです。

 

しかしながら、便利とは言ってもお金を借りるわけですから、契約できるのは返済能力のある人に限ります。返済能力とは、会社で働いていて安定した収入があるという意味で、いくら価値のある株や土地を持っていても、会社からは信用されず契約することができません。

 

年齢に関しては、大体20歳以上から69歳未満の方であれば、利用する条件を満たすことができます。

 

安定した収入があれば、自営業者、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、学生、主婦などでも利用できますが、それぞれのキャッシング会社によって、審査条件が異なりますので、申し込む前に一度調べておきましょう。

 

アルバイトでのカードローンキャッシングの利用は銀行よりも消費者金融の方が審査基準が一致する可能性があるので、アルバイトやパートの方はなるべく消費者金融を利用するようにしましょう。

 

消費者金融の中でもアルバイトの方に人気が高いのは即日カードローンのアコムとなりますので、初めての借り入れ先にも候補に挙げておくと良いです。

 
2016/12/12 18:56:12 |
総量規制とは貸金業法で定められている、借入れ可能額を制約するルールです。クレジットカード会社や消費者金融、信販会社などの貸金業者から借り入れをする場合には、年収の3分の1までしか借りられないとする制度です。この規制は1業者だけで判断されるのではなく、他の貸金業者からの既存の借入額も合わせて判断されます。たとえば、年収300万円の方が既に100万円を貸金業者からキャッシングしている場合、さらなる借り入れはできません。借入状況は自己申告だけなく、信用情報登録機関という公的な性格をもった機関を通じて行われます。各業者が情報を共有しあっているため、現在の借入額を誤魔化すことはできません。そのため、既に...
2016/12/12 18:56:12 |
いつでも自分が借りたい時にお金が借りられるサービスがあるとしたら、それは大変すばらしいものです。金融機関が薦めるキャッシングは、無担保型で個人の信用のみでお金が借りられるサービスとして知られています。これなら、社会人で定収入があればほぼ確実に借りることができますから、そんなに困ることもありません。仕組み的には、高金利の借金で、一括払いが基本です。そのため、借りる前に期日までにしっかり返せるだけの資金力を確保しておく必要があります。バブルの時代には消費者金融などでお金を借り、それを生活費に上乗せするスタイルが流行りました。今もキャッシングを上手に活用して自分が使えるお金を増やし、満足のいく暮らし...
2016/12/12 18:56:12 |
学生は働ける時間も限られてしまいますから、正社員のような給料を毎月得る事は難しいですしフルタイムで頑張ったとしても10万円そこそこの収入を得られるか得られないかといった所です。収入が少ないという理由で信用度が低いと判断され、キャッシング利用を断られてしまう事も多いのですが、プロミスでは申込みを行なうものが学生であっても、一般の方と変わりなくきちんと審査をしてくれます。正社員のように基本給などなくても、アルバイトをして毎月収入を確保出来ている場合には返済するのに困らない金額であれば融資提供を行なってくれます。アルバイトが出来る年ならば審査の上、融資提供を行なっているというわけではありません。この...
2016/12/12 18:56:12 |
最近のキャッシングの返済方式の主流となっているのがリボ払いです。リボ払いには大きく「元利定額リボルビング方式」と「残高スライドリボルビング方式」の2つに分けることができます。元利定額リボルビング方式は残高の多い少ないにかかわらず、毎月の返済額が一定となる返済方法です。返済額には元金部分と利息部分が一定の割合で含まれています。この方法だとお金をたくさん借りた時にでも返済額が変動しないので返済計画が立てやすいというメリットがあります。一方で、残高が多くても返済額が一定のままということは、返済期間が長くなってしまうということも意味しています。返済期間が長くなればその間中ずっと利息の支払が必要になるの...