リボ払いの種類と特徴とは何か

最近のキャッシングの返済方式の主流となっているのがリボ払いです。リボ払いには大きく「元利定額リボルビング方式」と「残高スライドリボルビング方式」の2つに分けることができます。元利定額リボルビング方式は残高の多い少ないにかかわらず、毎月の返済額が一定となる返済方法です。

 

返済額には元金部分と利息部分が一定の割合で含まれています。この方法だとお金をたくさん借りた時にでも返済額が変動しないので返済計画が立てやすいというメリットがあります。

 

一方で、残高が多くても返済額が一定のままということは、返済期間が長くなってしまうということも意味しています。返済期間が長くなればその間中ずっと利息の支払が必要になるので、最終的には返済の総額が増えてしまうことになってしまいます。

 

その欠点を改善したのが残高スライドリボルビング方式です。この方式では契約時に「残高10万円までは毎月5000円、それ以上は1万円」といったように残高に応じた返済額をあらかじめ決めておいて、残高に応じて返済額を決めるものです。

 

こうすると返済額が変動するものの返済期間が短くなるので、元利定額リボルビング方式と比べると返済の総額は少なくなります。