総量規制の影響を受けずにキャッシングしたい

総量規制とは貸金業法で定められている、借入れ可能額を制約するルールです。クレジットカード会社や消費者金融、信販会社などの貸金業者から借り入れをする場合には、年収の3分の1までしか借りられないとする制度です。この規制は1業者だけで判断されるのではなく、他の貸金業者からの既存の借入額も合わせて判断されます。

 

たとえば、年収300万円の方が既に100万円を貸金業者からキャッシングしている場合、さらなる借り入れはできません。借入状況は自己申告だけなく、信用情報登録機関という公的な性格をもった機関を通じて行われます。各業者が情報を共有しあっているため、現在の借入額を誤魔化すことはできません。

 

そのため、既に規制額を超えた方や、専業主婦や無職の方をはじめ無収入の方は貸金業者での借り入れができなくなりました。

 

一方、貸金業者でのキャッシングが全くの初めてであり、年収の3分の1を超えない範囲で利用可能額を設定する場合には、総量規制の影響は受けず、他の審査項目に問題がなければ借り入れが可能です。

 

また、貸金業者ではない銀行などの金融機関においては、総量規制は適用されません。そのため、金融機関でのキャッシングは既に規制額を超えている方や、専業主婦であれば配偶者の同意などを条件として借り入れが可能なケースもあります。

 

多くの借金があって返済が厳しいなら、一まとめにする借り方のおまとめローンとしての使い方で楽な返済を進めると良いです。